美味しいオリーブオイル、選び方、保存の仕方

美味しいオリーブオイル、選び方、保存の仕方
美味しいオリーブオイル、選び方、保存の仕方
User Rating: 0 (0 votes)

オリーブオイルにはExtra Virgin、pure、light、olive Oilなどと種類がありますね。
一体どれを選んだら良いのだろうと迷ったことがありませんか?
オリーブオイルのベーシックな知識をここで紹介します。

Extra Virgin
オリーブオイルは単純に、オリーブを潰して出た油です。
これがExtra Virgin Oilで、一番グレードが高いオリーブオイルです。

“pure”, “light”, “olive Oil”
このように書いてあるものは科学的に精製されたタイプです。

Refined Olive Oil
こう書かれているタイプは、質のあまり良くないオリーブオイルを精製したオイルのことです。

新しい方が良い
ワインと逆で、オリーブオイルは新しい方が美味しい。フルーツジュースと同じで、味と香りは時間と共に落ちます。
新鮮なオリーブオイルを買うために、日付けを確認しましょう。この日までに使用した方が美味しいですよという意味の、”best by”の日付けで示されてるのが多く、この日付けは、オリーブオイルが瓶に入れられた日から2年目の日だそうです。つまり、”Best by: May 2015″と書いてあったら、2013年の5月に瓶詰めされたということです。

瓶の色と量
オリーブオイルは光を嫌うため、透明の瓶に入っているタイプよりも濃い緑の瓶や黒い瓶に入ってるほうが良い。
そして、オリーブオイルは酸化しやすいので、すぐに使い終わってしまえるように少ない量のものを買うと良い。

オリーブオイルの色
色にこだわらないように。色は緑っぽい色と黄色っぽい色があり、色の濃さもさまざまです。どの色が美味しいというわけではありません。

Packed in Italy, Bottoled in Italy
こんな風に入れ物のラベルに書かれてますが、これはイタリアで作られたオリーブオイルとかイタリアで栽培されたオリーブから作られた
オリーブオイルという意味ではありません。一般に言って、何処で採れたオリーブから作ったオイルか分らないは買わないほうが良いとか、何処で製造されたオイルか分らない物は買わないほうが良いそうです。

oliveoilNO

保存の仕方
オリーブオイルが酸化してしまわないよにするには保管の仕方が大切です。
オリーブオイルは光、酸素、熱を嫌うので、涼しく、暗い場所に置き、コンロの横に置かないように。
そして、フタはしっかり閉める。

と、いうことは、上の写真のように透明の瓶に入れ替えて、そしてましてや窓側に置いてしまうなんてことは、やめたほうが良いってことですね。ちなみに、この写真は友達にあげるギフトアイデアとして、ローズマリーを入れたオリーブオイルです。

アメリカで作られるオリーブオイル
アメリカでもオリーブオイルが作られていると知ってましたか?

アメリカのオリーブオイルも美味しいそうです。
アメリカで作られているオリーブオイルはヨーロッパで作られた物と違って、オイルが製造された日が瓶に
書かれているのが嬉しいです。

なんとテキサスはカリフォルニアに続いて第2のオリーブオイルの生産地です。
お試しください。ギフトとしても良いですね。

olivetexas
Texas Hill Country Miller’s Blend 250ml $18
Terra Verde Garlic Infused EVOO 250ml $20
Sola Stella 500ml $25

美味しいオリーブオイルを見つけましたら、教えてください。

ダラジャパ

Source:
http://www.oliveoilsource.com/page/keeping-olive-oil-fresh
http://thepassionateolive.com/wp/storing-olive-oil/
http://www.truthinoliveoil.com/great-oil/how-to-buy-great-olive-oil
http://texashillcountryoliveco.com/

コメントを書く

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*